流通科学大学・羽藤ゼミ×植垣米菓

研究
テーマ
鴬ボールをお茶の間に。

研究内容

ゼミのテーマである消費者行動論やマーケティングの知識を活かしながら、植垣米菓様の代表的な商品である鶯ボールの販売のお手伝いをしたいと考えております。現在、我々は幼稚園児をターゲットにしたマーケティング施策を検討しています。鶯ボールの魅力をより多くの消費者に知ってもらい、これまで以上の売り上げを目指すマーケティング施策を提案したいと思います。

発表に向けたコメント

このたび植垣米菓株式会社様の課題解決への取り組みに関わることになり、貴重な機会を頂けることを大変嬉しく思います。先日、企業訪問させて頂いた際に、鴬ボールやおかきの製造方法を教えていただいたり、地元で販売することで地域貢献したいという思いを聞き、一層気が引き締まりました。
私たちは、いかに地元の幼稚園児に鴬ボールを認知してもらい、食べてもらうかという問題解決に取り組んでいます。 消費者行動論やマーケティングの視点からプローモーション、販売促進、商品企画に関する調査・研究を重ね柔軟さを大切にした提案をしていきます。最終発表までグループ一同切磋琢磨し互いに高め合い、少しでもご希望に添えるように取り組んでいきますのでよろしくお願いします。

大学情報

大学・学部名 流通科学大学 商学部
ゼミ名 羽藤ゼミ
参加学生 宮本 海勢(3回生)、古川 恭太(3回生)、田村 剛(3回生)
Webサイト http://www.umds.ac.jp/

企業情報

企業名 植垣米菓株式会社
Webサイト http://www.uegaki-beika.co.jp/