就活ガイド

  1. ホーム
  2. 就活ガイド
  3. 伊東電機

伊東電機㈱

加西市/北播磨エリア

平成28年度 ひょうごオンリーワン企業
兵庫県立地支援企業

企業顕彰制度について

品物を自在に、迅速に、安全に搬送するための駆動源であるMDR(Motor Driven Roller)で国内、世界シェア70%を占め、工場や物流センターのインテリジェント化に貢献し続けている。

2016 年度の新入社員

通販の普及で需要がさらに増加

小型モーター専門メーカーとしてスタートした同社が自社製品の開発に挑み「パワーモーラ」を商品化したのは1975年のことでした。ローラ内部にモーターと減速ギアを組み込むことで1本ずつ速さや動きを制御し、センサーやバーコードを組み合わせることで品物を1個ずつ目的の場所へ運ぶことを可能にしました。米国郵政公社など海外で最初に火がつき、パワーモーラ事業に特化しました。
当初の製品は工場のラインで使われることが多かったのですが、近年は通販の普及に伴い物流センター向けに旺盛な需要が続いています。パワーモーラをモジュール化、システム化した製品も増やしており、全体をMDR事業ととらえ毎年のように数多くの新製品を送り出しています。

手づくりで開発スピリットを養う

伊東社長がけん引する開発スピリットはあらゆるものを手づくりする取り組みで社内に浸透しています。例えば野球グラウンドもその一つ。工場隣接地の石を掘り起こして整地し、照明塔や観客席の設置、芝生の張り付けまですべて社員の手で行いました。「段取りや先々を見越して仕事をすること、どうすれば使いやすくなるかなどさまざまな発想が鍛えられます。協力しながら取り組むことで社内のコミュニケーションも活発になります」と総務グループグループ長の森田玲司氏は狙いを話します。
MDRについてはアメリカ、欧州、中国、アジア向けのほか全世界への普及を目指していて「当面は北欧、インド、オーストラリアなど未開拓の市場を攻めていく」。また、新事業として力を注ぐ植物工場ではセルごとに光、空調を管理し、搬送技術のノウハウを生かし効率的に出荷できるシステムを実現し、今後の伸びが期待されます。
2016年は16人、2017年は13人の新卒(高卒を含む)を採用していますが、事業拡大のスピードに人員が追いつかないほど。事業の伸びしろが大きいだけに「チャレンジ精神を持った人」を求めています。

こんな人を採用したい
・コミュニケーション能力がある
・明るく元気
・チャレンジ精神がある

企業プロフィール

創業・設立 1965年
資本金 9,000万円
売上高 47億3,800万円(2015年4月期)
54億4,300万円(2016年4月期)
67億3,600万円(2017年3月期)
従業員数 290名
平均年齢 36歳
住所 加西市朝妻町1146-2
電話番号 0790-47-1225

採用データ(2017年12月現在)

2019年度採用予定 予定はあるが人数は未定
初任給 大卒・基本給/195,000円 諸手当(通勤手当 最高30,000円)
採用実績
(30歳未満の社員)
2015年度 12名(うち女子3名)
2016年度 21名(うち女子8名)
2017年度 23名(うち女子10名)
離職者 2015年度 5名
2016年度 2名
2017年度 6名

企業サイト