就活ガイド

  1. ホーム
  2. 就活ガイド
  3. ウシオ精工

ウシオ精工㈱

福崎町/中播磨エリア

金属のプレス加工と樹脂の射出成形を組み合わせた加工を得意とし、自動車電装部品のほか日用品の容器まで幅広く手掛ける。効率よく、不良品を出さないよう絶え間ない工夫と努力が続く。

三次元測定機による検査

品質保証とコストダウン要請に応える

金属切削加工で創業し、自動車のオルタネーター(発電機)部品の受注を契機に樹脂成形加工にも進出しました。プレス加工、樹脂成形の加工がいずれもできることで金属樹脂複合部品の一貫生産が可能になり、これを強みに業容を拡大していきました。現在は「自動車電装部品」のほか、工場などの機械の制御に使われるPLCケースをはじめとする「産業機器電気部品」、そして芳香剤などの容器をはじめとする「民生用プラスチック部品」の3事業を手掛けています。とくにオルタネーター(発電機)向け部品は世界で生産される自動車の約15%に同社の部品が組み込まれているとのこと。
生産している製品は受注生産のため、一つでも不良品が発生することの許されない高いレベルの品質保証と、絶え間ないコストダウンの要請に応えていくことが使命です。これを実現するための自動化機械や検査機器の投資が欠かせず「どこまでを自動化するか、いかに機械を組み合わせるかノウハウを蓄えてきました」と谷口守男社長。このため現場の社員の約1割は、生産技術、メンテナンスなどの間接部門に従事しています。

社員の成長が会社の成長につながる

谷口社長は「社員にとっては生活の中で会社にいる時間が一番長い。ということは会社で成長することが人間の成長につながります。そしてそれが会社の成長につながると考えています」と話します。そのための機会として、2017年には生産用には使わないマシニングセンター(切削機)を導入しました。「使ってみたい人が自由に使って、新しいことに挑戦してくれれば」と期待しています。また、入社3年目以上の社員には国家資格であるプラスチック成形技能士の資格取得を促しています。現在までに1級を5人、2級を19人が取得しています。
これまで何度も海外進出を検討する機会がありましたが「力を分散したくない」という思いから国内にとどまり続けています。「地域に密着しながら若い社員を採用し、安定してよい製品をつくり続けるためにコツコツと改善を重ねていきたい」と話します。

こんな人を採用したい
「仕事を通して自己の人間性を養う」
・自分の人間性を高め、心のゆたかさを求める熱意のある若者
・自分で考え、積極的に行動する者

企業プロフィール

創業・設立 1962年
資本金 3,700万円
売上高 45億3,000万円(2014年10月期)
41億4,000万円(2015年10月期)
39億3,300万円(2016年10月期)
従業員数 190名
平均年齢 43.8歳
住所 神崎郡福崎町南田原696
電話番号 0790-22-6355

採用データ(2017年12月現在)

2019年度採用予定 予定はあるが人数は未定
初任給 大卒・基本給/165,000円
採用実績
(30歳未満の社員)
2014年度 4名(うち女子0名)
2015年度 3名(うち女子1名)
2016年度 2名(うち女子0名)
離職者 非公開

企業サイト

Webサイト http://ushioseiko.com/