就活ガイド

  1. ホーム
  2. 就活ガイド
  3. 大地農園

㈱大地農園

丹波市/丹波エリア

生花や草木を加工したプリザーブドフラワーで国内トップシェアを誇る。世界トップレベルの技術力で世界を目指す。

私たちと共に世界を目指しましょう

プリザーブドフラワーを世界市場に

各国から輸入したバラなどの生花をプリザーブドフラワーやドライフラワーに加工し、販売。国内シェアは約50%を占めています。バラの一大産地のケニアやコロンビアのほか、欧米など27カ国の農場や商社など約100社と直接取引しています。販売先は国内が大半ですが、米国や中国、韓国からの注文も増えています。1970年、シダのさらし加工からスタート。その後、生花を加工しみずみずしい状態を長期間保てるプリザーブドフラワーの製造技術を確立し、生産を始めました。93年には現在の丹波市山南町に社屋、工場が完成。2016年3月には生産性向上のための新工場が完成しました。年1回大阪と東京で内見会を開き、季節やテーマ別に商品を提案しています。ギフト用が中心ですが、最近は仏花として利用するニーズも出てきているといいます。
世界のマーケットトレンドをつかみながら、独自技術で開発した商品を提案しています。ベテランに混じり、多くの若い社員がグローバルに目を向け活躍。しかし、大地社長は「本社工場を丹波市から動かすつもりはありません。ここから世界に販売仕入れ網を築く」。また「人を育て技術力や世界に通じる交渉力を磨き、在庫管理や物流のIT化などをもっと進めていく」と戦略を描きます。
耕作放棄地の再耕や、花き梱包用トレイの再利用など環境保全への取り組みが評価され、2015年には兵庫県の「環境にやさしい事業者賞」を受賞しました。また17年の3月には経済産業省より「はばたく中小企業・小規模事務所300社」に選ばれました。丹波市は14年8月に豪雨災害に見舞われました。同社は被災農家にアジサイの株を提供し、収穫した花を加工用に買い取る仕組みを丹波市と連携し立ち上げました。地域企業として、復興を後押ししていきます。

こんな人を採用したい
・新商品や品質改善などの研究開発に粘り強く取り組める人材
・問題意識を持ち、新しい課題や困難に前向きに挑戦できる人材
・企業の進化に対応するために、新しい仕組みを創造できる人材
・お客様の視線にたって行動できる人材

企業プロフィール

創業・設立 1955年
資本金 5,000万円
売上高 28億6,600万円(2015年5月期)
30億4,800万円(2016年5月期)
30億1,700万円(2017年5月期)
従業員数 195名
平均年齢 41歳
住所 丹波市山南町きらら通3(山南町工業団地内)
電話番号 0795-77-2314

採用データ(2017年12月現在)

2019年度採用予定 予定はあるが人数は未定
初任給 大卒・基本給/201,240円
採用実績
(30歳未満の社員)
2014年度 4名(うち女子4名)
2015年度 6名(うち女子3名)
2016年度 4名(うち女子2名)
離職者 2014年度 1名
2015年度 2名
2016年度 4名

企業サイト