就活ガイド

カワノ㈱

神戸市/神戸エリア

神戸の地場産業・ケミカルシューズに端を発し、自社ブランドの婦人靴を製造。ブランド名を冠した直営店「BARCLAY」を全国に展開し、海外進出にも意欲的だ。

BARCLAY 三宮店(さんちか一番街)

日本製の履き心地よさで海外展開

強みとして打ち出すのが「日本製」の快適さ。現在、国内で流通している靴は、9割以上を輸入品が占めていますが、同社は日本人の足型に特化して研究開発を進め、より履きやすい靴を提供しています。本社工場を構える神戸・長田には靴の部材を扱う会社や加工業者が集積しており、店舗でつかんだ市場ニーズの変化を、企画開発や製造工程にいち早く反映させられるのも大きなメリットです。「靴作りを通じて、人と社会と未来を想う」を企業理念としています。京都の西陣織や漆塗りをあしらったり、姫路の特産品である皮革を使ったりするなど、日本の伝統文化や地場産業を意識した商品開発も行ってきました。また従業員が働きやすい環境づくりにも心を砕いています。
神戸のケミカルシューズは1980年代後半、安価な輸入品に顧客を奪われ、95年の阪神・淡路大震災も加わって壊滅的な打撃を受けました。だが最近は、環境が変わり始めています。おもてなし文化や安全・安心への気配りを背景にした「メイド・イン・ジャパン」の高品質に、アジアの靴市場では日本以上の信頼感が生まれているからです。カワノはそこに着目して、世界のファッション情報を発信するイタリアの国際見本市に出展したほか、直営店「BARCLAY」は香港や上海にも計8店を展開しています。
店舗網が広がれば、製造業と同時にサービス業としての側面も重要になるため、営業の最前線に立つ従業員の研修にも力を入れています。2021年には創業100周年を迎えます。海外事業を強化して、今後もファンを増やし、「アジアのフェラガモ」と呼ばれるような存在感のあるメーカーを目指しています。

こんな人を採用したい
もの作りが好き、靴が好き

企業プロフィール

創業・設立 1921年
資本金 4,000万円
売上高 47億1,600万円(2014年8月期)
42億5,600万円(2015年8月期)
38億1,000万円(2016年8月期)
従業員数 265名
平均年齢 43.5歳
住所 神戸市長田区大道通5-101-6
電話番号 078-631-1161

採用データ(2017年12月現在)

2019年度採用予定 採用の有無も含め未定
初任給 大卒・基本給/196,510円
採用実績
(30歳未満の社員)
2014年度 7名(うち女子5名)
2015年度 17名(うち女子12名)
2016年度 7名(うち女子7名)
離職者 非公開

企業サイト

Webサイト http://www.kawanog.jp/