就活ガイド

  1. ホーム
  2. 就活ガイド
  3. 佐藤精機

佐藤精機㈱

姫路市/中播磨エリア

ひょうごの成長企業
平成25年度 ひょうご仕事と生活のバランス企業表彰

企業顕彰制度について

削りにくい金属の加工に挑み、「佐藤精機でしかできないこと」を増やしてきた。本社を置く姫路にこだわり、地方に根付きながら成長する中小企業のモデルを提示しようとしている。

たつのテクニカルセンター外観

現状に満足せずさらなる高みを目指す

硬くて削るのが難しい超硬合金などの切削研磨でミクロン単位の加工精度を実現するなど、同社の精密加工技術は全国でもトップレベルを誇っています。かつては大手1社に仕事を依存していましたが、10年ほど前に半導体製造装置メーカーとの取引が始まったことを契機に、ハードルの高い加工にチャレンジしました。「他社ができるならうちも必ずできるはず」と日々工作機械に向き合いながら課題を克服していきました。その後も「一個だけ」「超特急で」「どこに頼んでも断られた」という「他社がやりたがらないものを何でも引き受けてきた」と佐藤慎介社長。「現状に満足してしまえば成長はない。今のやり方が一番だと思っていないか、もっといいやり方はないか、と常に変革をしてきました」。こうした姿勢で着実に評価を高め、現在では30社近い一部上場企業と直取引をするまでになり、近年は航空・宇宙分野の仕事も広がっています。

播磨にこだわり、雇用の場を作り出す

同社では「見て盗む」という昔ながらの技術の伝承はしません。外部からベテランの技術者を招き指導を受けさせるほか、兵庫県のものづくり大学校をはじめ外部の研修施設を積極的に利用しています。取引先企業が開く技能コンクールに参加し、展示会に足を運ぶことでも経験を積み、外部の世界に触れながら技術を高めていきます。すべての社員に品質管理検定3級以上、また製造担当の社員には技能検定2級以上の資格取得を推奨。現在、前者については全員が、後者については約9割が取得済みです。
2017年から高卒採用を12年ぶりに再開し、佐藤社長は播磨地域周辺の高校に足しげく通います。「うちで5年働けばどこでも通用する技術が身に付く。そうした人材を何人も育て、小さい加工技術研究所のような拠点を播磨周辺に作っていくのが夢」と佐藤社長。選ばれる企業だからこそできる理想の企業像を目指し、今日も新しい挑戦が続いています。

こんな人を採用したい
最先端なものづくりに情熱を持ち、挑戦する人

企業プロフィール

創業・設立 1955年
資本金 1,800万円
売上高 5億7,000万円(2014年9月期)
6億200万円(2015年9月期)
6億1,000万円(2016年9月期)
従業員数 44名
平均年齢 36歳
住所 姫路市余部区下余部240-6
電話番号 079-274-1047

採用データ(2017年12月現在)

2019年度採用予定 2名
初任給 大卒・基本給/185,000円 諸手当20,000円
採用実績
(30歳未満の社員)
2014年度 3名(うち女子0名)
2015年度 3名(うち女子1名)
2016年度 4名(うち女子2名)
離職者 2014年度 1名
2015年度 2名
2016年度 0名

企業サイト