就活ガイド

  1. ホーム
  2. 就活ガイド
  3. 精和工業所

㈱精和工業所

伊丹市/阪神エリア

耐久性に優れるが加工は難しいステンレスを、高い技術力で溶接し、タンクなどを製造する。半世紀超にわたって蓄積した技が多彩な分野で生かされている。

伊丹本社工場 外観

幅広い分野で溶接を一手に引き受ける

金属の板と板を張り合わせる溶接が得意分野。家庭用温水器、航空機、人工多能性幹細胞(iPS細胞)の実験設備など幅広く使われています。非常にアナログな技術ですが、熱によるひずみなどを少なくするため、溶接装置を自社で設計し、組み立てています。デジタルの時代になっても、蓄積がなければできない仕事といえます。注文通りに造るだけではなく、経験を生かして提案することで付加価値も作り出しています。家電、自動車、産業用機器など、取引先には名だたる大手メーカーが多いですが、そうした取引先から何度も賞を授与されているのは技術力の高さゆえです。 
本社がある伊丹に加え、奈良、福知山にも工場を構えています。製造業では中小といえども海外に生産拠点を置く例が多いですが、山下清一社長は「海外移転が難しいものもある」と話します。例えば、当社の主力である家庭用温水タンクは、365日24時間休まずに稼働し、10年、20年と長期間使用されます。耐久性が非常に重要になり、高品質が求められるだけに、「国内生産だからこそできる」と話します。新分野にも積極的に取り組んでいます。燃料電池を大手メーカーと共同開発しており、現在は国内だけの販売ですが、海外へ広がる可能性もあるといいます。
新人教育に力を入れ、若手社員にも仕事を任せています。最近5年間で約20人の新卒者を採用しましたが、辞めたのは特殊な事情があった2人だけだったとのこと。「企業の成長とともに人も育つ」というのが山下社長の考え方。ものづくりはやったことが形に表れるだけに、仕事の達成感が得やすい。それに加えて、社員の成長を促す社風が、やりがいを高めることにもつながっています。

こんな人を採用したい
失敗を恐れず、自ら考え行動できる人

企業プロフィール

創業・設立 1965年(創業1962年)
資本金 2,400万円
売上高 34億6,700万円(2014年9月期)
35億3,300万円(2015年9月期)
44億7,400万円(2016年9月期)
従業員数 230名
平均年齢 41歳
住所 伊丹市北本町3丁目105
電話番号 072-782-8353

採用データ(2017年12月現在)

2019年度採用予定 予定はあるが人数は未定
初任給 大卒・基本給/201,000円 諸手当5,600円
採用実績
(30歳未満の社員)
2014年度 10名(うち女子0名)
2015年度 7名(うち女子3名)
2016年度 9名(うち女子1名)
離職者 2014年度 1名
2015年度 1名
2016年度 1名

企業サイト