就活ガイド

  1. ホーム
  2. 就活ガイド
  3. 多田スミス

㈱多田スミス

朝来市/但馬エリア

キッチンや風呂、暖房など、暮らしを支えるガス。微量の漏れが生じても大事故を引き起こすため、ガス機器には高水準の耐久性や安全性が求められる。そのために必要な部品の開発製造を担う。

ガスコンロのバーナー部分になる部品です。設計から成型、加工、塗装、組立、販売まで一貫した生産を行っています

快適な暮らし支えるガス部品に特化

1971年、当時の多田金属工業とアメリカのA・O・スミス社により、貯湯式ガス湯沸かし器の生産会社として発足したのが、社名の由来。2001年には、神戸の大手ガス機器メーカー・ノーリツのグループ企業となりました。住宅や飲食店のキッチンにあるガスコンロの部品や、ガス温水機器の心臓部にあたるバルブなどを扱います。ガスコンロの青い炎を噴出させる部品「バーナーキャップ」を国内で初めて、耐久性に優れたアルミ鋳造で製造した実績を持っています。
かつては外部の企業に委ねる工程もありましたが、技術力を高めるため内製化を進めてきました。現在は、アルミニウムをはじめとした金属を塊の状態で購入し、最終製品となるまで一貫して加工・生産できます。16のアルミ鋳造装置「ダイカストマシン」を備え、加工ロボットも導入し一日最大2千台分を生産。製造に必要な生産設備も自社で設計し、プログラミングや組み立ても行っています。高品質を確保するため、社員には国家資格「ダイカスト技能士」の取得を促しており、現在、2級以上は38人と社員の1割以上を占めています。うち7人は、最高ランクの特級を取得済みです。さらに品質を高めるため、毎朝、前日の作業で見つかった不具合などを部署間で共有し、再発防止策や対策を話し合います。
近年の少子化や景気低迷で住宅着工件数が減少しており、コンロやガス暖房機器などの需要に影を落としています。世界的な資源価格の高騰で、年間約1500トンを使う原材料のアルミも値上がり傾向にあります。逆風の中でも、コスト削減や高い技術力を背景に17期連続で黒字を維持しています。今後は販売ルート拡張の可能性も探っていきます。

こんな人を採用したい
・どんな環境でも、常に向上心をもち行動出来る方
・“ものづくり”に興味のある方

企業プロフィール

創業・設立 1969年
資本金 1億円
売上高 4億140万円(2014年12月期)
3億785万円(2015年12月期)
3億813万円(2016年12月期)
従業員数 286名
平均年齢 40歳
住所 朝来市和田山町久留引84-10
電話番号 079-674-2321

採用データ(2017年12月現在)

2019年度採用予定 予定はあるが人数は未定
初任給 大卒・基本給/190,000円 諸手当(通勤手当実費・資格手当)
採用実績
(30歳未満の社員)
2014年度 7名(うち女子0名)
2015年度 3名(うち女子0名)
2016年度 3名(うち女子1名)
離職者 2014年度 3名
2015年度 2名
2016年度 1名

企業サイト