就活ガイド

  1. ホーム
  2. 就活ガイド
  3. ファミリア

㈱ファミリア

神戸市/神戸エリア

抜群のブランドを誇るベビー子ども服メーカー。少子化を踏まえて新規事業にも乗り出した。伝統を保ちつつ、クリエイティブな社に生まれ変わろうとしている。

元町本店

進化する老舗、新たな成長へ

「愛情品質」をキーコンセプトに、「自分の子どもに着せるつもりでものづくりをしましょう」と、1950年に4人の女性が創業しました。その1人、坂野惇子氏をヒロインモデルにした連続テレビ小説が2016年秋から放映され話題を呼びました。
安全性と機能性を重視し、ていねいに作られた服は、赤ちゃんが生まれたお祝いにふさわしいと、ギフト市場では高いシェアを誇っています。近年の少子化やファッションの多様化などを受けてブランドを整理するとともに、デザイン・コンセプトを統一するなど改革に取り組みました。「適正な大きさになった」と岡崎忠彦社長は評します。子ども服にも安価なファストファッションが広がっていますが、ていねいなものづくりにこだわり続けています。「贈り物や孫に買うブランドという面は大事にしつつ、いかに若い世代を取り込むか」(岡崎社長)が今後の課題ととらえています。モノを売るだけでなく、育児に関するセミナーやイベントといったコトも積極的に行っています。これをさらに進め、「今後は子どもに関わるコンテンツを売る会社にしたい」(同)といいます。
2015年4月には新たに保育事業に進出。東京・白金台に次いで、16年9月に西宮・夙川、17年6月に東京・碑文谷で開園。今後全国15カ所での展開を見込んでいます。さらに1996年に撤退した海外市場にも再参入。育児スタイルも提案する計画です。2020年に向けて新たなステージへ踏み出す姿勢を明確にしました。13年4月から新卒採用を復活。岡崎社長は米国でデザイナーとして働いていた経歴を持ちます。「外から見ると古い会社に見えるかもしれないが、ゼロから一緒に会社を作り上げていくような意欲を持つ人がほしい」と話しています。

こんな人を採用したい
・求める人財像(明るい人、ポジティブな人、真摯に取り組む人、打てば響く人、「人」を育てる人、ブランド価値を上げる人)に合致する方。
・「世界で最も愛されるベビー・子ども関連企業になる」というビジョンを一緒に叶えてくださる方。

企業プロフィール

創業・設立 1950年
資本金 6,000万円
売上高 123億1,700万円(2015年1月期)
119億9,200万円(2016年1月期)
114億3,800万円(2017年1月期)
従業員数 661名
平均年齢 -歳
住所 神戸市中央区磯上通4-3-10
電話番号 078-291-4567

採用データ(2017年12月現在)

2019年度採用予定 予定はあるが人数は未定
初任給 大卒・基本給/198,800円(総合職・2017年度実績)
採用実績
(30歳未満の社員)
2014年度 44名(うち女子43名)
2015年度 38名(うち女子36名)
2016年度 33名(うち女子32名)
離職者 非公開

企業サイト