就活ガイド

  1. ホーム
  2. 就活ガイド
  3. 松谷化学工業

松谷化学工業㈱

伊丹市/阪神エリア

私たちが日々口にする食品の中に含まれるでんぷん加工品で圧倒的なシェアを誇る。よそにない製品を市場に送り出し続ける原動力は、失敗をおそれることなく挑戦できる社風にある。

希少糖含有シロップ

でんぷんの限りない力引き出して100年

パン、レトルト食品、即席めんなどの原材料名表示を見ると「でんぷん」「でんぷん加工品」が多いことに気付きます。もちもち、サクサク、つるっとした食感や、つや出し、保水性などの品質向上に欠かせません。これらでんぷん加工メーカーとして成長を続けています。1919年の創業時はでんぷん卸としてスタートしました。その後、洗濯糊など工業用でんぷんメーカーに転じ、高度成長期の頃から食品用でんぷん加工品へとシフトしました。現在は、「でんぷん加工品」とでんぷんから派生した「糖化素材」「機能性素材」がバランスよく売上げを構成しています。
近年は健康志向の高まりを受け機能性素材が好調です。「難消化性デキストリン」は、食事と一緒に摂取すると体内での糖や脂肪の吸収を抑え、食後の血糖値上昇を緩やかにする効果が、「希少糖」は砂糖に比べカロリー、甘味が8割程度で、内臓脂肪蓄積を抑える効果がそれぞれ確認され、多くの食品にとり入れられています。現在は医療・介護向けのでんぷん素材の生産を強化するため2018年春の完成を目指して工場を増設中です。

家族のような会社であり続けたい

新しいでんぷんの価値を次々に提案し続ける同社の原動力は「失敗をおそれない風土にある」と人事部課長代理の寺園裕之氏。例えば、難消化性デキストリンは30年前に開発されしばらく日の目を見ることはなかったが、粘り強く研究を続けた結果10年ほど前から火が付いたという。家族的経営を標榜し「常に周囲のことを考えられる気遣いを大切にしている」。定時退社が徹底され、社内には野球、フットサルなどのサークルも多く、部門を越えた交流から、アットホームな風土が浸透。来年に控えた100周年に向けて自主的に集まった約30人の社員がプロジェクトチームを作って取り組みを検討しています。「協調性を重んじることのできる人材に仲間に加わってほしい」と寺園氏は求める人物像を語ります。

こんな人を採用したい
・協調性のある方
・自分の理想を持っている方

企業プロフィール

創業・設立 創業1919年
資本金 1億円
売上高 558億円(2014年11月期)
568億円(2015年11月期)
553億円(2016年11月期)
従業員数 440名
平均年齢 41歳
住所 伊丹市北伊丹5丁目3
電話番号 072-771-2001

採用データ(2017年12月現在)

2019年度採用予定 10名
初任給 大卒・基本給/149,500円 諸手当40,500円
採用実績
(30歳未満の社員)
2014年度 7名(うち女子5名)
2015年度 5名(うち女子2名)
2016年度 8名(うち女子1名)
離職者 2014年度 0名
2015年度 0名
2016年度 1名

企業サイト