名古屋学院大学×株式会社伍魚福

研究
テーマ
オンラインショップの売り上げアップに向けたプロモーション戦略

研究内容

本研究では、ターゲットを若者にし、伍魚福さんの珍味の販売促進の戦略を考えていく。 なぜターゲットを若者にしたかというと、最近、若者が家飲み・宅飲みをする際、珍味を買うことなくスナック菓子を買うことが多いようだ。さらにビールを飲む若者が減っているので若者が飲む酒に合う珍味を探し、珍味を若いうちから知ってもらうことで、未来の消費が生まれると考えたためである。

発表に向けたコメント

まず、ターゲットである若者が宅飲みをする際に飲んでいるお酒や食べているおつまみを調査し、宅飲みにおける消費行動を明らかにします。そこから、オンラインショップにおけるプロモーション戦略を提案したいと思います。また、一般的なおつまみセットではなく、伍魚福さんのクレドである、おもてなしの心がこもった「エンターテイニングフード」に沿った、新しいおつまみの消費の仕方を、20代の若者に向けてPRしていきたいです。私たちのチームは、普段からメンバー全員で集まって、ディスカッションや観察調査などを行なっています。本研究でもチームワークの良さを生かして、発表に向けて頑張っていきたいと思います。

大学情報

大学・学部名 名古屋学院大学 商学部
ゼミ名 濱満久ゼミ
参加学生 日置さゆり(3年生)、稲生陵亮(3年生)、大橋龍太郎(3年生)、竹内駿(3年生)、下平晃弘(3年) 山田隼三(3年) 田中千裕(3年) 中西祐太(3年)
Webサイト http://www.ngu.jp/

企業情報

企業名 株式会社伍魚福
Webサイト http://www.gogyofuku.co.jp/